研究内容

国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所バイオインフォマティクスプロジェクトで は,創薬バイオインフォマティクス及び計算生物学研究を行なっています。
実験グループと協力して各種疾患データを解析し、また必要な新規方法論の開発を行いながら、計算生物学によるシステムの理解からの創薬を目指しています。現在、以下のような研究テーマに取り組んでいます。

1. 創薬標的の探索や安全性予測を目指した、大規模実験データの解析および統合データベース開発

2. タンパク質—タンパク質、タンパク質—化合物相互作用の予測と生体反応のモデル化、医薬品設計への応用



概要
進行中のプロジェクト
創薬ターゲットの優先順位付けとは何か?なぜそれが必要なのか?
ネットワーク分子機能予測によるターゲット開発
創薬ターゲットの優先順位付け応用例
タンパク質ータンパク質間相互作用の予測
乳癌細胞増殖の分子機構解明から創薬へ
酵素の創造と機能の予測
Toxygates
大規模な創薬・疾患研究関連データの統合化
国際バリューチェーンによる創薬ターゲットタンパク質の阻害剤開発
ダイナミクスを考慮した膜蛋白質の構造モデリング
調整相互作用の特異性予測に向けたハイスループットなアルゴリズムの開発(S.A.)
発表論文
Grant