腸内細菌叢と生活習慣データ等との関連解析および解析プラットフォームの開発





腸内に存在する多様な細菌は、飲食物の消化や病原菌の侵入の防止、免疫システムの賦活など様々な役割を持っており、我々の体の生理活動と密接に関連していることが知られている。近年、腸内細菌叢の乱れは、多様な疾患の原因となることが報告されており、我々の健康に大きな影響を持っていることが明らかとなった。従って、腸内細菌叢の変化をモニタリングすることは、疾病の早期発見や予防、あるいは健康の指標としての活用につながることが期待される。しかしながら、腸内細菌叢は個人差が大きく、生活習慣などの環境要因や遺伝要因の影響を受けることから、腸内細菌が健康に及ぼす影響を評価するには困難が伴う。このような課題を克服するためには、大規模なコホートを確保し、個人差も加味しつつ評価する必要がある。我々は、大量のシークエンスデータを効率的かつより正確に処理するようなパイプラインを構築するとともに、腸内細菌と生活習慣などのフェノタイプ間の相互関係の解明に取り組んでいる。