研究

渡邉 怜子特任研究員が第三回CBI若手の会講演会にて発表を行いました。(2020.1.20)

Date 2020-1-20

place講習会会場(関東会場と関西会場はTV会議で繋ぎます。)

  • (関東)東京工業大学キャンパスイノベーションセンター リエゾンコーナー508AB (東京都港区芝浦3-3-6)
  • (関西)都市活力研究所 セミナールーム    (大阪市北区大深町3-1グランフロント大阪 タワーC-702)

詳しくはこちらをご覧ください。

川島 和特任研究員、渡邉 怜子特任研究員が American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS)にてポスター発表を行います。

2019-11-03 ~ 2019-11-06

ヘンリー・B・ゴンザレス・コンベンションセンター

(900 E Market St, San Antonio, TX 78205 アメリカ合衆国)

川島 和特任研究員、渡邉 怜子特任研究員が American Association of Pharmaceutical Scientists (AAPS)にてポスター発表を行います。

  • Development of DruMAP, Drug Metabolism and pharmacokinetics Analysis Platform
  • Development of in silico prediction models to evaluate pharmacokinetic profiles using chemical structure information

詳細は下記のリンクよりごらんいただけます。

2019年10月23日

伊藤 眞里上席研究員、川島 和特任研究員、渡邉 怜子特任研究員、藤原 大プロジェクト研究員、江崎 剛史客員研究員が情報計算化学生物学会(CBI学会)にてポスター発表を行います。

2019-10-22 ~ 2019-10-24

タワーホール船堀

(〒134-0091 東京都江戸川区船堀4丁目1−1)

伊藤 眞里上席研究員、川島 和特任研究員、渡邉 怜子特任研究員、藤原 大プロジェクト研究員、江崎 剛史客員研究員が情報計算化学生物学会(CBI学会)にてポスター発表を行います。

  • P5-06 (Development of a pharmacokinetics prediction system using multiscale integrated modeling: 13. Development of DruMAP, Drug Metabolism and pharmacokinetics Analysis Platform)
  • P5-07 (Development of a pharmacokinetics prediction system using multiscale integrated modeling: 14. In silico three-class predictor of human intestinal absorption with Caco-2 permeability and dried-DMSO solubility)
  • P5-08 (Development of a pharmacokinetics prediction system using multiscale integrated modeling:15. Development of an in silico prediction system of human renal excretion and clearance from chemical structure information)
  • P6-09 (Computational drug target prediction using PU learning approach)

詳細は下記のリンクよりごらんいただけます。

2019年10月23日

水口 賢司プロジェクトリーダーがトランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業第4回シンポジウムにて招待講演を行います。

2019-11-14 13:00 ~ 2019-11-15 16:00

徳島大学 藤井節郎記念医科学センター 1階 藤井節郎記念ホール

(〒770-0042 徳島県徳島市蔵本町3丁目18番地の15)

水口 賢司プロジェクトリーダーがトランスオミクス医学研究拠点ネットワーク形成事業第4回シンポジウムにて招待講演を行います。

  • Artificial intelligence-based drug discovery: challenges and applications to target identification and pharmacokinetic modelling

詳細は下記のリンクよりごらんいただけます。

2019年10月9日

朴 鐘旭特任研究員が第61回歯科基礎医学会学術大会にて口頭発表を行います。

2019-10-12

東京歯科大学

(〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2丁目9−18)

朴 鐘旭特任研究員が第61回歯科基礎医学会学術大会にて口頭発表を行います。

  • Analysis of oral microbiota in Japanese oral cancer patients using 16S rRNA sequencing

詳細は下記のリンクよりごらんいただけます。

2019年10月2日

お知らせ

事務補助員の募集について(2020.1.23)

1.募集人員

事務補助員 1名

2.業務の概要

本プロジェクトでは、創薬バイオインフォマティクス及び計算生物学研究を行なっています。実験グループと協力して各種実験データを解析し、また必要な新規方法論の開発を行いながら、計算生物学によるシステムの理解からの創薬を目指しています。
(詳しくは、https://mizuguchilab.org
今回、本プロジェクトに所属して、研究開発および研究支援に携わる事務補助員を募集します。

3.所属

医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター

バイオインフォマティクスプロジェクト

4.着任時期

2020年4月1日(応相談)

5.待   

9:00-17:00の間で週15時間~30時間程度(曜日、時間等応相談。)

もしくは

フルタイム(1日7.75時間、週5日)での勤務も可能

詳細は面接時に説明します。

6.仕事内容及び応募資格

ホームページの簡単な更新や外国籍メンバーのサポート、会計業務や書類作成等。

PCの基本スキルがあり英語での対応が可能な方。

7.提出書類

市販の履歴書用紙又はそれに準ずる様式のものに、学歴・職歴及び志望動機を記入の上、写真を貼付して下さい。

8. 応募締切日:2020年2月29日。

但し、適任者が見つかり次第、締め切ります。

※下記10の連絡先まで、電子メール若しくは郵送(書留)にてお送りください。

9.審査方法

書類選考、面接(面接対象者となった場合のみ御連絡します)。提出頂いた資料は返却いたしません。当所の責任において廃棄いたします。

10.書類提出及び問合せ先

医薬基盤・健康・栄養研究所

〒567-0085 大阪府茨木市彩都あさぎ7-6-8

水口賢司

e-mail: kenji@nibiohn.go.jp

http://mizuguchilab.org

電話: 072-639-7010  Fax: 072−641−9881

2020年1月23日 | カテゴリー :

渡邉怜子研究員のポスターがCBI2019年大会においてエクセレントポスター賞を受賞しました。(2019.10.24)

IMG_5049IMG_5047 (002)

Poster Title: ”Development of a pharmacokinetics prediction system using multiscale integrated modeling:15. Development of an in silico prediction system of human renal excretion and clearance from chemical structure information”

Author: Reiko Watanabe, Rikiya Ohashi, Tsuyoshi Esaki, Hitoshi Kawashima,
Yayoi Natsume-Kitatani, Chioko Nagao, Kenji Mizuguchi

詳しくはこちらをご覧ください。

日本学術振興会のJSPSサマー・プログラムとしてRajnish Kumarさんを受け入れました。

Date 2019-07-11 ~ 2019-08-05

place医薬基盤・健康・栄養研究所 バイオインフォマティクスプロジェクト

日本学術振興会のJSPSサマー・プログラムとしてRajnish Kumarさんを受け入れました。

Rajnish Kumarさんはカロリンスカ研究所アルツハイマー病研究センターの助教です。

3週間程度の期間でしたが、中身の濃いコミュニケーションとなりました。

プログラムの終了間近には、送別会として昼食会を行いました。

comp_DSCN9405

2019年8月9日