国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所
国立大学法人 大阪大学 蛋白質研究所
Kenji
博士(理学) 水口 賢司
Kenji Mizuguchi Ph.D.
  • 国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所 AI健康・医薬研究センター センター長
  • 大阪大学蛋白質研究所 教授
researchmap
orcid
google_scholar
research_gate
LinkedIn
Chem-Station(世界の化学者データベース)

略歴

  • 1990年

    京都大学理学部卒業

     

  • 1992年

    京都大学大学院理学研究科(化学専攻)修士課程修了

     

  • 1995年

    京都大学大学院理学研究科(化学専攻)博士課程修了

    博士(理学)

  • 1995年

    ロンドン大学バークベック校結晶学科

    客員研究員(日本学術振興会特別研究員)

  • 1996年

    ケンブリッジ大学生物化学科

    HFSP長期フェロー

  • 1998年

    ケンブリッジ大学生化学科

    博士研究員

  • 2000年

    ケンブリッジ大学生化学科

    グループリーダー(Wellcome Trustフェロー,独立研究室主宰)

  • 2004年

    ケンブリッジ大学理論物理/応用数学科

    University Lecturer(生化学科兼任)

  • 2006年

    国立研究開発法人 医薬基盤・健康・栄養研究所

    プロジェクトリーダー(現職)

  • 2007年

    大阪大学大学院生命機能研究科

    招へい教授

  • 2015年

    大阪大学大学院薬学研究科

    招へい教授

  • 2019年

    AI健康・医薬研究センター(ArCHER)

    センター長(現職、併任)

  • 2019年

    大阪大学蛋白質研究所

    教授(現職、兼任)

主な研究分野

創薬に向けたバイオインフォマティクス研究

主要業績

アミノ酸配列のみからのタンパク質立体構造予測法の開発

  • FUGUE
  • CASP国際ベンチマークなどで高評価
  • 多くの利用例(JMB 2001; 論文引用数>1000)
  • Tripos社との連携による製品化

大規模データ解析とデータ統合、データベース開発

  • TargetMineー創薬ターゲットの絞り込みを支援する統合データウェアハウス
  • ToxyagtesーLinked Dataと大規模マイクロアレイデータを統合したトキシコゲノミクスオンライン解析システム
  • HOMSTRADータンパク質立体構造アラインメントの先駆的データベース

タンパク質の構造、機能や相互作用の解析と予測の成功(実験による検証)

  • 発生過程の制御因子、病原性バクテリアの代謝酵素、がんや神経疾患に関与する新規因子その他
  • TargetMineを用いた、C型肝炎や他の疾患に関与する新規因子の同定と実験による証明
  • PSIVERを用いて予測した相互作用部位ペプチドによる、相互作用の特異的な阻害と乳癌細胞の増殖抑制

共同研究

競争的資金

  • こちらの詳細ページをご覧ください。

教育業績

ケンブリッジ大学理論物理/応用数学科

  • Master’s programme in Computational Biology (2004-2006)‘Structural Biology’モジュールのコーディネーター(講義、実習、評価)

ケンブリッジ大学生化学科

  • The Natural Sciences Tripos, Part II (学部、第3年次)Biochemistry core course lectures: “bioinformatics” (2000-2006).
  • Postgraduate methodology course (Molecular biology and biochemistry in the post-genomic research era): “Bioinformatics modeling and computational biochemistry” (2002-2006).
  • 学部学生、卒業研究室受入(2000-2006;成果PMID: 12016060, 16648940)

(その他大学など)

  • School of Information Systems and School of Biological Sciences, University of East Anglia, Norwich MSc in Bioinformatics (module “Protein, Structure, Prediction and Modelling”). Lecture and practical (March 2003, March 2004, March 2005)
  • Université Libre de Bruxelles Inter-University Master’s course in Bioinformatics. Lecture and practical (Nov 2003, Jan 2003)
  • MRC Rosalind Franklin Centre for Genomics Research Protein Structure Prediction course, Cambridge (Dec 2004)BBSRC Bioinformatics Summer School, Hinxton, Genome Campus Lecture “Fold recognition and comparative modeling” (Oct 2000)

徳島大学医学部非常勤講師(2014-)

京都大学大学院薬学研究科非常勤講師(2015)

(大学院生指導)

  • ケンブリッジ大学生化学科(2000-2006) 学位授与3名
  • 大阪大学大学院生命機能研究科(2007-) 学位授与2名

委員等

(実績)

  • 内閣府「個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤技術開発」評価検討会 委員
  • 総務省国際戦略局技術政策課SCOPE事務局 専門評価委員
  • 総合科学技術・イノベーション会議評価専門調査会「個別化医療に向けた次世代医薬品創出基盤技術開発」フォローアップ検討会 委員
  • 文部科学省新学術領域研究専門委員会 委員
  • 日本学術振興会科学研究費委員会(第二段審査)委員
  • 日本学術振興会 回折構造生物第169委員会
  • 国立研究開発法人日本医療研究開発機構 課題評価委員
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構 ライフサイエンスデータベース統合推進事業 研究アドバイザー
  • 日本バイオインフォマティクス学会 評議員
  • CBI学会 評議員
  • 日本生物物理学会 分野別専門委員

論文発表

原著論文(researchmap)

総説、コメンタリーなど(researchmap)

書籍など(researchmap)

引用指標(Google Scholar)

ポストプリント(OUKA)

ビデオ